11月23日(木)文学フリマ東京に出展します


こんな感じです↓

☆新刊☆「ラジオスターサカナのさいご」

AMのラジオ番組がすべて放送終了し、FMラジオやインターネットラジオへと移行。
そんな中でいまだAMラジオを愛好する人々がいた――。
一つのラジオ番組が繋いだリスナーたちの物語。

失われた『物』の場所を探し当てる才を持つ大学生ロメオ。
その相棒(?)、絵描きの女、更紗。

パンがおいしいレストランで働く普通の青年、テッタ。
テッタを「回想列車」に乗せて過去に連れて行こうとする車掌の少女、ノクターン

ショコラティエの父を持つけれどチョコが苦手な中学生、千代子。
そんな千代子の兄と名乗るちゃらんぽらんなゴロツキ男、玲人。

恋に恋して失恋ばかりの女子高生、明子。
そんな明子が出会った運命の、奇跡のうつくしい人、フリル。

そして、彼らリスナーをつないだ正体不明のラジオパーソナリティ「サカナ」。
サカナのラジオ番組が何の前触れもなく突然終了することで、お話は始まります。

「夜の女王」以来の長編小説です。

詳細、既刊はwebカタログをご覧ください。

お久しぶりです!!!
今年は(もう今年を振り返るのですか???まあブログめったに書かないからいっか)本当に、ベートーヴェン様にハマって、毎日交響曲を聴いてコンサートにも行っては感動して、その影響でブラームスチャイコフスキー交響曲、ほか様々なシンフォニーを聴いては感嘆のため息をついた一年だったのですが、特にベートーヴェンにどはまりして、元々好きだったとは言えこの年でこんなになにかにハマるとは思ってなかったんですが、年とか関係なく、この先もずっと何かに新しくハマり続けそうな予感がします。いつになったら落ち着くのでしょうか。落ち着きません。こんにちは!!

文学フリマ、今回は新刊を出します。しかも最近コピー本ばっかりだったけど今回はコピー本を作るのを最初からあきらめたほどの長編小説なのでコピー本じゃないです!!!!印刷所に出しました!!!
なのでよかったらお手にとって頂ければ幸いです。
前回もラジオの話だったのですが今回もラジオです。12歳のころからラジオ聴きまくってきた私がラジオへの想いを書き連ねたラジオへの手紙みたいなものです。

伊集院光さんの深夜ラジオ(あと小説とアニメ)が、地獄の小中学生時代の私を救ってくれました。今もまた毎日、おうちに帰ってきて録音した伊集院さんのラジオを聴くことが私の生活の大いなる支えとなっています。
昔から、この人はただ者ではない、単なる若者向け深夜ラジオの下ネタトーク多いパーソナリティではないと思っていましたが、その直感はよく当たっていましたね……。今になって当時の私の目利きに称賛を送りたいと思います(自分を称賛するのかよ)

自己評価の低さみたいなものが昨今よく話題になりますが私は本当に自己評価が高くて逆に困っています。アドラーについて書かれた本、嫌われる勇気ってありましたけど私、人に嫌われるのなんて全然平気なんで、勇気とは??ってなりましたからね……。
自己評価がやたら高い人もそれはそれである種の、幸福ではない人なのかもしれません。
自分で自分を評価するより多く他者から評価されることなんて絶対ないですからね。

一体何の話をしているのか。とにかく今の暮らし、ベートーヴェン様はなくてはならない存在になりました。
クロミちゃんに出会ったとき、あのときめきと同じくらいにベ―トーヴェン様にときめいています。彼の音楽が心の支えです。もしベートーヴェン様が現役のミュージシャンだったらいま私は熱狂的な追っかけファンになっていたのでしょうか……。

ラインスタンプ作りました。

「くらげのボケリンと猫のフィーちゃん」
小学三年生のときに考えたキャラクターで、私の分身たちです。LINEを使ううちに自分のキャラのスタンプを使いたいな〜と思って作りました。
http://line.me/S/sticker/1367272

気軽な気持ちで描き始めたのですが、実際は大変でした。とても苦労しているようには見えない絵ですが、こんなんでも40個描いて加工して……細かい部分をチマチマとなんどもやり直していたので。
今年は久しぶりに絵をたくさん描いたな〜と思います。
小説はあまり書けなかった(というか一応書いてたけどまったく進まなかったうわあああああ)ので今書いてます。色々取り戻していきたいです。


2016年も暮れですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。私は今年、新刊が出せなかったので来年は分厚い本を出したいです。表紙も自分で描いて、デザイン凝りたいですね〜。
今回はあまり欲しいものがなく、冬コミは参加しないことにしたのですが、すごく寂しい気持ちです、こんな気持ちになるならとりあえず行っておけばよかったかもしれません……。よく考えたらここ10年くらいは、冬は毎年参加してました。(夏は、行ったり行かなかったりですが。暑いし。)
ほぼ一般参加で、サークル参加は2度ほどでしたが、やはりコミケの熱気には元気をもらいます。


最近はアニメ『クラシカロイド』にハマっています。クラシック音楽家たちが現代日本に転生(?)する話。
ベートーヴェンさんへの思慕がとどまるところを知らず、ときめきがとまりません、なんだかシューベルトみたいな状態に……。「ピーナッツ」で例えるとシュローダー状態です。ベートーヴェンにこんなにハマるなんて。しかももう何年も弛まずずっとマイブームです。それなのに、いまだ網羅しきれない、作品数多すぎてゆっくりとしか聴けていません。クラシックの沼は深いですねぇ……。

ドビュッシーラヴェルは、そんなに作品数が多くなかったので三年くらいずーっと聞き続けて大体全部の作品を聴けたんですが、ベートーヴェンさんは向こう10年くらいは延々と聴き続けそうです。他の作曲家も……聴きたいんだけど……。
いま静かにシューマンが私の中で流行り始めたので来年はちょこちょこと聴きたいです。

それではまた来年。このへんで筆を置きたいと思いまーす(パソコンだけど)

文学フリマ東京 11月23日(月)参加します

黒い紅茶 スペースはE-43 今回はライトノベルスペースでございます。
一年ぶりの文学フリマです。まあ、毎年のように年に一度しか参加してないんですが。

詳しくはWebカタログをご覧下さい!!!

新刊は深夜ラジオの話です。ラジオが好きなのでずっと書きたかった話。日本神話の神様もすこし出てきます。書いてて楽しかったです。手前味噌ですが、読み返してても面白かったです……どんだけ自分好きなの……もっと厳しくいかないと!!!あああああ!


下のエントリでアニメの視聴減らそうと思ってるって書いてますけど、全然減らせてませんし今期はドラマも見てるのでテレビ視聴時間増えてますね!!??
あさが来たと下町ロケットエンジェルハート見てます!こんなにドラマ見るのは小学生以来です!!(小学生の時は私はアニメをまったくといっていいほど見ずに、リア充の姉に付き合ってトレンディドラマばっかり見ていました。チャンネル権がなかったのです(;ω;) 私はアニメが見たかったんですが……。そのおかげで中学生に上がってから、ようやく自由にアニメを見られるようになり、主に自分の年齢より下の子向けの、つまり女児向けアニメを見まくりました。そのまま見続けて今こうなりました……)

おそ松さんも見てます。個人的には夕方アニメとして一年間くらい放送してほしかった……アニメファン以外の人の目にも止まるゴールデンタイムにあの内容にchallengeしてほしかったですね。何度も書いてるけれど私はTVアニメが三ヶ月とか半年とかで終わってしまうのが嫌なんです、できるだけ長く同じ世界や設定、キャラを見たいんです……。好きになったと思ったら終わっちゃうのが辛い。一年間(以上)の積み重ねによる最終回のカタルシスが欲しい。だから深夜アニメはそんなに見ていなくて、プリパラとか団地ともおとか、ジュエルペットプリキュアとか見てます。
ただ漫画になると、あんまり長いとコミックス集めるのが大変なんで(場所も取るし)5巻〜10巻くらいのきりのいいところで終わってほしいです(わがまま)

深夜アニメも半年〜1年放送されるのが主流になる業界の流れになってくれないかな〜!!

お久しぶりです……

気づくともう半年以上、書いてなかった〜。
大学生の時から書いてるので過去ログを見れば私の年齢がばれるブログです。あと趣味も……。趣味はかくしてませんけど!!
いやー、マイメロクロミちゃんにはまってからもう10年たってしまいましたね。マイメロとキキララ40周年の陰に隠れて、クロミちゃん10周年が全っ然取り上げられていませんね!(泣)
もともとクロミちゃんはマイメロディ30周年記念で製作されたアニメに合わせて、マイメロのライバル役として新しく生まれたライバルキャラですからね。
来年はポムポムプリン20周年でしたっけ!?
私はアニメを見るより先にサンリオショップで(あれは確か池袋サンシャインシティのお店でした!!)クロミちゃんを見かけてあまりのかわいさにクラクラして、確かストラップを買った気がします。その後、アニメに出ていることを知り、あわててチャンネルを合わせたら、いきなり巨大ロボになってマイメロロボと戦っている話でした(実はけっこう終盤でしたね・・・?)
最初はカオスすぎてよくわからなかったんですが、一ヶ月くらい見てるうちにどハマりして、あとはもう坂道を転げ落ちるようでしたね。
10年経ってもクロミちゃんが世界で一番好きです。なんていうかあれですね、クロミちゃんってもちろん外見も声もぜんぶかわいいんですけど一番好きなところは性格なんです。もともとお嬢様で、ちょっとおとなしくて優しくてマイメロとも仲良くしたいって思ってたのにマイメロのせいでぐれて親とけんかして家出して、バクと出会って・・・そしてアネゴ肌になったっていうのがたまりません。
イケメンに惚れっぽいところとかも、たぶん世間知らずで育ったんでしょうね。箱入り娘なんですよね。だからこそ反動でブンブンドライブするようになるっていう、サンリオキャラなのに人間味があって俗っぽいところが最高ですね。

反対にマイメロには人間味・・・とかは特にないわけですが、マイメロの魅力は対になるキャラのクロミちゃんとの対比や関係でものすごく輝くので、これぞコンビの醍醐味だと思うわけです。

サンリオキャラクター大賞今年はどうなるんでしょうね!? ショウバイロックの面々が台頭して波乱が起こっていて、サンリオファンとしては嬉しい誤算って感じです。SB69で新たに入ってきたファンの方々にも、これをきっかけにマイメロアニメを見てほしいな〜〜!!!と思います。
サンリオアニメの歴史はマイメロから始まったといっても過言ではないですからね!いまのいろいろとおかしいジュエルペットもショウバイロックも、マイメロからの系譜のなかにあるのですよ。
あとマイメロの監督森脇真琴さんが監督をしているプリパラも、まじで面白いです・・・女児アニメだけで見るものがたくさんあって大変です。7月からのアニメは視聴数へらそうとおもいます・・・笑

コミティア&文学フリマおつかれさまでした

ありがとうございました!ひさしぶりに二日連続イベントに行き、たいへん充実した時間を過ごすことが出来ました−!

「世俗的な図書館の物語」は今回で頒布終了にさせて頂きます。
以前にも書いたのですが、収録した「ただあこがれを知る者だけが」という話が大事でとても気に入っているので、また別の形にできたらいいなと思います。
具体的には、これに書き下ろしを加えて、表紙を綺麗に描き直して印刷所に印刷をお願いしたいですね・・・!書き下ろしとか言いつつ内容まったく決まってませんけど、同じ世界とキャラクターで、なにか書きたいです。
最近は色んな印刷所があるので、ほうぼう調べて、できあがった本を妄想しながら検討したいと思います。

次回イベント参加予定は来年の秋・文学フリマ東京の予定です。が、その間にまたコミティアに出ることもあるかもしれません。是非またその時はよろしくお願い致します。

そしてついにポメラを買いました。だっていまとっても安くなってるんですよ!!!そろそろ最新機種出そうだと囁かれていますが、使ってみた感じほんと充分な機能でございました(DM100です)
いまパソコンがかなり調子悪いんですが買い換えるのはちょっと今むりなのでさんざん悩んでポメラに・・・。さっそくマイメロクロミちゃんのシールを貼って、マイメロのラバストつけました。もりもり書きたいと思います!!!

半神

念願の『半神』を観にいってきました。

<ものがたり>
醜いが高い知能を持つ姉シュラと、美しいが頭の弱い妹マリア。二人は、体がくっついたまま生まれてきた双子だった。
シュラはいつもやむなくマリアの面倒をみて暮らしていたが、他人から愛されるのはいつでもマリアの方であった。そんな二人が十歳を前に、死に瀕する病いにかかる。
助かる方法は、ただ一つしかなかった。それは…

東京芸術劇場のHPより引用)

私が高校生の頃、軽率に始めた演劇(ただのクラブレベルで終わりましたが・・・)で出逢った中で最も衝撃を受け、いっぺんに野田秀樹萩尾望都・そして演劇のとりこになった作品です!!

ここでも何度か書いていると思いますが。
もともと萩尾望都先生が描かれた短編マンガで、これを演劇にしたお話です。(もちろん原作も面白すぎてどうしたらいいかわからないんですが、話が長くなるのでそっちは割愛します・・・)
萩尾望都野田秀樹が共同で脚本を書き、野田秀樹が演出しています。

どれくらい衝撃を受けたかというと熱を出して数日寝込んだくらいです。何ヶ月もシュラとマリアが頭の中に居残って対話していました。
ビデオ録画されたものを何十回も見て、シナリオの書籍も持っているんですが、それでも今回ナマで実際にこの目で目にして、
ああああそうだったのかああ!と
新たに気づいたことがありました。
むしろ何十回も見ててそこ気づかなかったのかよ?!っていうところに昨日、ようやく気づいてうわああああああと頭を抱えました。あの台詞ってそういう意味だったのか・・・!!え、そう思ったらあのラストはつまり・・・どういうことなんだ!とさらに頭を抱える状態になりました。
さんざん味わったはずが、まだ底が見えていなかった。
またシュラとマリアに思いを馳せる日々が戻ってきそうです。
自分にとっての名作は一生影響を与え続けるんだと、そういうものに出会えたことに感謝するばかりです。

今回は韓国バージョンを見たので、いつか日本バージョンもこの目で見てみたいです。

この半神を好きになったことで、萩尾望都先生つながり(?)で大島弓子さんをはじめとする花の24年組をたどっていってハマったり、双子が手に手を取って踊るシーンで流れていたピアソラリベルタンゴのCDを買ってチェロにはまり、そこから弦楽器、ヴァイオリンにハマって果てには自分でも始めたりと、その影響はとどまるところを知りません。あと私がビデオで観た再演バージョンでシュラ役をしていた深津絵里さんにも猛烈にハマリました。テレビドラマで観ていた可愛らしい彼女とは全く違う表情、動き、声で演じていらして、演劇ってすげえ!!って衝撃受けました・・・・!!ふかっちゃんサイコーすぎますね(T-T)
もちろん野田秀樹さんの演劇は、欠かさず観に行ってます。

私は自作小説に双子のキャラを出すのはかなり好きですが、シュラとマリアという存在が大きすぎて、いまだに女の子同士の双子っていうのを書いたことがありません。いつも男の子の双子、もしくは男女の双子です。

ちなみにほかに好きな双子の女の子キャラは、ケストナーの「ふたりのロッテ」のロッテ&ルイーゼです!!!

話がめっちゃ長くなって参りました・・・。
とにかく高校生の時、半神のビデオテープ(テレビの劇場放送を録画したもの)を貸してくれた先生に感謝です。しかも私が気に入りすぎてもう少し貸して下さいと言ったら、こころよく「あげるよ」といってくださって、神か!とおもいました。
いまも宝物です
しかしもうビデオデッキが、てもとに、ない


半神 (小学館文庫)

半神 (小学館文庫)

戯曲 半神

戯曲 半神

ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ

ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ



今日はクロミちゃんとバニーちゃんのお誕生日ですね。
おめでとう!!!